悪天候の注意点

Home>悪天候の注意点

雨の日にプレーする場合
雨でグローブが濡れるため、数枚のグローブを事前に用意しておく。
グリップが濡れて滑りやすくなるため、腕に余計な力が入ってミスの原因となる。大きめのクラブでコンパクトなスイングを心がける。
雨の日は飛距離も落ちてくるので、少し大きめのクラブを持ちたい。
風の強い日にプレーする場合
風の強い日はスイングの軸がぶれやすい。このため少し広いスタンスを
とって軸をぶらさないようにスイングする。
打球も風に影響されてスピンの量が増えるため、風の読みを慎重に行う。
落雷に対する注意
雷による警報などが出た場合には速やかに避難する。
避難小屋が近くにある場合は急いで中に入る。
また高い木の真下は落雷の影響を受けるため危険です。
木から2、3メートルはなれた位置に移動しましょう。、
ゴルフ用具のゴルフごろごろ